レーザー脱毛

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛や光脱毛を行っていくうえで絶対に注意しなければいけない部分が自分の肌質です。
肌質によってはこれらの脱毛をすることができない場合があります。
そもそもレーザー脱毛や光脱毛は白いものより黒いものの方がレーザーの力を受けやすいということから、白い肌には影響をなくして黒い毛に対して直接ダメージを与えていくということから開発されたというものです。
なので、肌が元々黒い人や日焼けをしているという人だと肌の部分に対しても大きな負荷がかかってしまうため、これらの脱毛をすることは時に困難になります。
また自分の肌質が刺激に弱いという人は、レーザー脱毛を行ってしまうと肌が炎症をおこしてしまう可能性もありますのでしっかりと医師や施術者に相談をしておく必要があります。光脱毛などのエステサロン自体は肌の状態をとても気を配ってくれるので脱毛をする際も相談をすれば可能な場合もあります。また、医療系のレーザー脱毛は確かに出力が強い強力な脱毛方法なのですが、医師が近くにいてくれるという安心感もあります。
脱毛をしようとして肌が荒れてしまったというのでは意味がないので、自分の肌質にあった脱毛を行っていくことで自分の納得がいく結果を出していくことができます。